明日から、7月。

b0028845_23275139.jpg

郵便局へ行くと、窓口のそばに"ひまわり"のハガキが販売されていた。
まっすぐ伸びた上に咲く、黄色の花の色---夏本番だ。

映画『めがね』で、『あわてない、あわてない。』という
もたいまさこさんのセリフがある。
"わぁー"?!となりそうな時に、ふぅーと深呼吸をして、言ってみる。
今年の始まりは、これから、さて、どうしたものか?といった感じだった。
無駄に抗っても仕方がないのだけれど、
不安材料は見つけたくなくても、すぐ、目についてしまう。
そんなとき、↑のセリフと、その時の映画のシーンを(小豆を煮ているところ)思い出し、
『その時がくれば』と、言い聞かせていた。
私にとって、ありがたいコトバ。

明日から、7月。
今年も、あと半分。

ちょっと気持ちがすっきりしてきた。







[PR]
# by cafevoyage | 2017-06-30 23:28 | Comments(0)

ひとつ、クリアー

b0028845_10224446.jpg


火曜日の仕事の後に、時々寄るお店がある。
ここで、カップを両手に持って、熱いコーヒーを飲むと
疲れが少し遠のいていく。

治療が終わって、4ヶ月。
くたびれ気味になるのは、副作用を言い訳に
怠けているのか--と思ったりしていた。
治療前とか、治療中のことは調べたりしていたけれど、
終わった後の身体のことに対して知識が疎かった。

身体の疲労が抜けきれなかったりするのは、
治療後の症状としてあるようで、
これは、焦っても仕方がないとのこと。

ちゃんとしなきゃ--と奮い立たせようとして、
自分の中で衝突を起こしてしまっていた。






[PR]
# by cafevoyage | 2017-06-29 23:05 | Comments(0)

山笠の準備

b0028845_09534140.png


世界遺産に認定されて初めての今年の山笠。
気のせいか、気合が入っているような--とか言うと、携わっている人に叱られそうだが、
街中に、流れごとの法被を着た人が歩いていたり、飾り山の準備が進んでいくと、
いつもながら本格的な夏の到来を感じる。

しばらく、5月の博多どんたくの仕事に関わっていた。が、
追い山が終わった朝に生まれたせいか、山笠への思い入れの方が大きくなる。

どんたくの時、パレードが行われる通りに提灯をつるし、
夜は灯りを灯していた。
仕事の帰りに見る、提灯の灯りが揺らいだ風景は、静かで和むものだった。
クリスマスシーズンのイルミネーションは、
心浮き立つような感じがあって楽しくなる。
提灯の灯りは、ほっとする。
昔から引き継がれた灯りの色に近いからかな。

お祭りとして取り上げられるものだけではなく、
祭りの脇を添えるものも、大切に引き継がれていってこそ、
なんだろうな。




[PR]
# by cafevoyage | 2017-06-28 23:51 | Comments(0)

b0028845_14280159.jpg

化学療法で髪の毛が見事に抜けていた時、
↑のアンパンマンミュージアムが入った建物の前を通ると
アンパンマンの石像があり、妙に親近感を覚えた。

治療後、ひと月過ぎたあたりから、産毛の様な髪の毛が姿を見せ始め
今、ようやくベリーベリーショートぐらいになった。
ただ、髪の毛の量が少なくて、
それが自分の好みでショートにした人と違うところなのか--

帽子を被るのも暑くなってきたし、
区切りがいいところで、7月から帽子を脱いでみようか?
と考え中。

あまり、きっぱりと決めずに
-----気持ちに無理がないように。









[PR]
# by cafevoyage | 2017-06-27 23:43 | Comments(0)

時間割

b0028845_01212379.jpg


春先に種が飛んできて咲いているのか、ご近所の同じ場所に咲く芥子の花。
やさしくて、かわいい色です。
芥子の花のそばに咲いているピンク色の花は、密集して咲いているところは、見ごたえがあります。
が、家の庭にこの花があまり密集すると、ちょっとやっかいです。

今使っている手帳は、バーティカル式で、朝5時から時間が刻まれているタイプ。
書き加えた内容に、☑を入れたり、横線で消したり。
自分仕様の時間割が組めること。
不安や焦りが先に立つときもあるけれど、楽しまなきゃ!!----ですね。





[PR]
# by cafevoyage | 2017-06-26 23:21 | Comments(0)

母子草

b0028845_23235323.jpg
ひと月ぐらい前のこと。
のんびりとバスを降りて家まで歩いていると、駐車場の際に母子草が咲いていました。
母子草--とても懐かしい響きがします。
花や木、植物の名前を知っているというのは、とても豊かなことだと思います。
植物には、名前の由来とか、何か物語があるように思うから。

そういえば、この写真を撮った場所では、スミレやぺんぺん草も咲いていたような。

今朝、仕事に出かける前に机の上を拭くと、こざっぱりとしてきました。
いつもこうだといいのに、と思いつつ、
出掛け前にばたばたするのではなく、朝、こんな時間の余裕があるっていいものです。




[PR]
# by cafevoyage | 2017-06-25 23:24 | Comments(0)

すこし乾き気味?

b0028845_21484054.jpg

紫陽花には雨が似合うな・・と思いつつ、虫が来ているところを撮ってみました。
花の向こうに、池が見えるので、乾き気味ではあるけれど少しは救われます。

4月には毎日ブログを更新していたのに、5月、6月の昨日まではほとんど×。
写真も結構撮りためてはいたのですが・・気持ちが入っていなかったのか。

月に2,3日の休みの生活から、急に週休2、3日になり、仕事もゆったり。
『しなくては 動かなくては』とあせってます。
紫陽花の花ではなく、自分が潤いが足りていません。
なので、
手帳に記す『今日から・・・しよう。』というのは実行でず、
『あらためて』の仕切り直しばかり。

考えることと、身体の調子と、気持ち--のペースがばらばらでした。
この三つのバランスは大事です。




[PR]
# by cafevoyage | 2017-06-24 22:22 | Comments(0)

b0028845_21300031.jpg

少し前に美術館へ行ったとき、公園に咲いていたアリストロメリアの花。
普通だったら、公園の花壇は、きちんと整備されて計画にのっとった植え方をされているようですが、
ここはカチッとしたかんじではなく、わりとゆるやかな植え方で、家の花壇のよう。
アリストロメリア以外には、ハーブ類も。
あらためて、この花の色を見たら、やさしい色。
気持ちの中にスーッと入ってきました。

家の裏手に咲いている赤系の紫陽花が、
雨が降ったせいでもないのに地面にくっつっくように咲いていました。
花の重みに茎がたえきれなかったのかな。
もったいないので、台所のテーブルに活けました。
なので、テーブルの上は、赤系の紫陽花の花であふれています。




[PR]
# by cafevoyage | 2017-06-23 22:31 | Comments(0)

はじまりの月曜日

b0028845_19365911.jpg

今日から、5月。
今日はかなり早起きをしたせいか、
何度か眠たいなぁ~と思ったら横になりながら
仕事をしながら、とのんびりと。

昼間、テレビで北九州・下関のPR動画が紹介。
CGを使って製作された「カイセンドン」という怪獣が登場し、
最期は、関門海峡の早い潮の流れに足を取られて--。

ある一人の女性のおしゃれをとりあげた雑誌で、
毎朝海辺までウォーキングをしていると書かれていた。
歩いて行けるところに海がある---
うらやましい!

写真の関門橋の辺りは、学生の頃、
寮に帰る前にバスを途中下車して、海を眺めていたところ。

また、海がそばにあるところに住みたいな。
久しぶりに両親の実家がある田舎へ行きたくなった。
そこは小さな漁港があるところ。

新しい月の一日目が月曜日というのは、
はじまりにふさわしい響きがする。
動くのも、何もしないのも自分次第。







[PR]
# by cafevoyage | 2017-05-01 19:38 | Comments(0)

4月最後の一日

b0028845_23384915.jpg

b0028845_23385818.jpg

仕事から帰り、部屋に戻ると
芍薬の花の色が
薄いピンクへと変わっていた。
花びらの先が、銀杏の葉のように
真ん中ぐらいで深く切り込みのようなものも入っていた。
カメラをセットし、撮影をしたものを早送りで見ると
刻々と変わっていく様子に驚くと思う。

年が明け、なかなか会えなかった友人たちと会い、
再会までの時間の中で経てきたものを想像する。

ここにきて、単調に思えていた"自分の毎日"も
いろいろなものが詰め込まれていたことに気づく。

そして、去年から今年にかけての思いがけない出来事で、
心は変化についていけてなかったことにも。

新しい年が三分の一、経過。

あっ! 今月は、ブログも毎日更新できた!!





[PR]
# by cafevoyage | 2017-04-30 23:22 | Comments(0)