b0028845_1424940.jpg今夜は眠りたいのに、寝入ることができない。

旅先でのホテルからの風景。国が違っても、朝の車の流れは同じ。川面を吹く風はきりりと冷たいのに、煙ったような朝の色。深く炒ったコーヒーで入れたカフェ・オ・レが似合う街。

あと、4時間でいつものバス停へ。
“Bon courage,
 Bon courage・・・・
    Bon courage”
覚えたての言葉で明日の自分へエールを・・・
[PR]
# by cafevoyage | 2004-11-18 02:10 | 旅** | Comments(1)

b0028845_180393.jpg
“洗濯おすすめ度=80” 秋晴れの一日でした。
NHKの英語番組で、Louis Armstrongの曲を歌っていました。曲と一緒に字幕の歌詞を読んでいると、今日のようなお天気や、日常のとりとめのないちょっとした出来事に、大切なものが込められているんだろうなぁと、あらためて思えてきました。中学生の頃、サイモン&ガーファンクルの『スカロボフェア』の歌詞を辞書で引いていた---あの頃の気持ちに少し戻ってもいいのかもしれないですね。
 
11月17日。今日は、ある友人の誕生日です。彼女とお茶をしながら、また、歩きながらともにすごす時間は心地良く、私にとって大切な空間です。その友人や、今、大切な人と別れなければいけなくなった人へ
・・・『WHAT A WONDERFUL WORLD』・・・ の明日でありますように。

それにしても、写真のメンバーの笑顔は気持ちいいですよね。
[PR]
# by cafevoyage | 2004-11-17 17:46 | 音** | Comments(2)

b0028845_2285461.jpg今日は平年並みの気候だとか。11月らしくなって、ほっとうれしくなります。
この季節から、寒い冬にかけての私のお気に入りのひとつが、VAN HOUTENのミルクココアです。今は、スティック状になっていますが、15、6年前ぐらいは箱入りで、砂糖が入っていなかったと思います。このココアを見ると、あの頃のちょっと胸が“きゅん”となる出来事を思い出します。その時の萎えた心を癒してくれたのが、このココアだったんですよね。(simijimi)

『コーヒーでほっとひと息・・・』が、この季節だけは、『ココアで・・・』ですね。
では ・・・ Bonne nuit!!
[PR]
# by cafevoyage | 2004-11-15 22:30 | すきなもの** | Comments(1)

b0028845_2254876.jpg
1年前の今日は、学生との海外研修先Parisより帰ってきた日でした。添乗員なしの海外旅行ははじめて。おまけに、それが学生の引率ということで、かなり緊張していました。卒業生が添乗デビューをした時は、こんな感じなのかなぁ、なんて思いながら。福岡空港での解散式のときのこと。みんなが無事にそろって帰りついたことで、パンパンになっていた気持ちが、ぐにゃっとなり、涙につまって挨拶ができませんでした。

好きでよく見る旅行会社のホームページの中で、ベテラン添乗員の方が
『添乗は昔よりむしろ基本に忠実になっている』
という言葉がありました。慣れが一番怖い

写真は、Parisの街でフルに使った、メトロの切符(carnet)です。
[PR]
# by cafevoyage | 2004-11-14 22:58 | 旅** | Comments(0)

b0028845_22352836.jpgきのうは、仕事がらみで自分の出身高校へ行きました。その学校のホームページの『校長室』のコーナーは、毎日のように更新されているんですが、その中の2学期の始業式で、ある本の言葉を引用され、校長先生がお話された内容をを紹介させていただきたいと思います。

**ケーキなどを作るとき、生クリームや、卵の白身をあわ立てることがあります。お母さんがなさっているお手伝いをしたことがあるかもしれませし、みなさんが作るときもあると思いますが、特に卵の場合はなかなかあわ立たなくて手がだるくなるまでやっても液体のままです。ところがあるところまで来ると、急に手ごたえができて、ホイップ状態になります。ところがそうなる前に手が疲れてやめてしまったら、生卵もクリームも液体のままなんです。何十回やっても、途中で止めたら、まったく液体のままです。

どこで技になるか、どうしたら技を身に付けることができるか、その時点を見極めるために大切な点はどこかをみる要約力・また指導者が必要になりますが、どちらにしても途中で止めてはダメです。それまでの努力は生きてきません。

 行事が多く、学校の生活の中でも充実の時期である2学期。スポーツでも語学でも何かの課題でも、自分にとって何らかの意味のあるものを成し遂げたい。自分のものにする意気込みでスタートしたい。
 途中で止めたのではものになりません。すこし苦しむことも覚悟して、みなさんに反復練習をしてほしい。
私もしていきたいと思います。**

現在の校長先生とは、お会いしたことはありませんが、「あの頃はやっていた」ではなく、今も続けていてこそ自分の何かが始まり、育まれ、自分のものとなっていくんですよ。と、今の私を見て、肩をポンとたたいておっしゃっていただいたようで---思わず涙がでてきました。
[PR]
# by cafevoyage | 2004-11-11 23:22 | 言葉** | Comments(0)

b0028845_23524555.jpgフランスの中世の時代、ゴシック建築の代表と言われ、また、ステンドグラスが美しいと称えられる"La Sainte Chapelle"、パリはシテ島にあります。今日の通勤時の鞄の中に入れていた文庫本にも、この聖堂のことが書かれています。

b0028845_075781.jpg11月からは、1週間に欲張って2冊の本を読むぞ!!と、思ったはずだったのに--2冊どころか、1冊すら読めずに、新しい週を迎えそうです。

そんな自分を叱咤する意味を込めて、読みかけの本に出てきた、サントシャペルの全景&ステンドグラスをアップし、早く読み終えたいと思います。
---ラジオの時報がなり、新しい週になりました。
[PR]
# by cafevoyage | 2004-11-08 00:12 | 本** | Comments(1)

b0028845_23332541.jpg『ザ・ハリケーン』--デンゼル・ワシントン主演の映画を、ケーブルTVで見たところです。今夜放映されたのは、明日が11月8日だったからなのかな、とラストを見て思いました。1985年のこの日、無実の罪を着せられ20年もの時間投獄させられていた主人公が、自由を勝ち取った日だからです。この作品は何度見ても、同じシーンで涙が出てきて、そして、その時々で、大切な言葉を聞かせてくれるんです。
投獄中のハリケーンが、
ここでは、鉄のような意志がないと生きていけない
---と。
意志を活かす場所は、自分が望む場所で活かすものだし、そうありたい。
今日の感想です。
[PR]
# by cafevoyage | 2004-11-07 23:49 | 言葉** | Comments(0)

b0028845_2303175.jpg
『人間にとって成功とはいったい何だろう。
結局のところ、自分の夢に向かって
自分がどれだけ挑んだか、
努力したかどうか、ではないだろうか。』

 --岡本太郎・強く生きる言葉--より
173cmの日本人が、アメリカでプロバスケの選手となったニュース。
今日から社会人デビューをした人。
これからの自分の進む道を迷っている人。
そして、今の自分に対して浮かんだ言葉。

写真は、今年は実らなかった庭のりんごの木。
いつかはこの木から、アップルパイを焼きたいと思っています。
[PR]
# by cafevoyage | 2004-11-04 23:05 | 言葉** | Comments(0)

b0028845_13245368.jpg
去年ぐらいだったでしょうか。丸善の洋書コーナーで見つけていて、最近買った絵本です。→
"夕方と夜の間の夕間暮れ--"という時間帯のちょっとせつないストーリーのようです。
(フランス語は、さっぱりですが)

学生の頃、FMラジオの番組で、
この夕暮れあたりの時間をテーマにした曲特集の中で"四谷夕まぐれ"という曲を聴き、"夕間暮れ"という言葉の響きや、時間が好きになりました。

この"夕間暮れ"で、もう一つお話ししたいことがあります。
それはまた、あらためて。
[PR]
# by cafevoyage | 2004-11-03 13:46 | 本** | Comments(1)

b0028845_21162330.jpg
月の1日目が月曜日というのは、
始まりにふさわしい気がします。
“日々人は生まれ変われる”と
いいますよね。
“明日から” “来月から”--
今の自分から脱したくて、もがき足掻き、そのきっかけを探しているのかな--

まだまだ、レイアウトも未完成のこのページを作り上げることが、私の今月の宿題です。


その前に、これから今日は、真剣に机に向かわないと--
---Bonne nuit!

[PR]
# by cafevoyage | 2004-11-01 21:24 | 旅** | Comments(0)