手 ・・・ 8 janvier, 2013

b0028845_234959.jpg

昨日コンビニで
  コーヒー カフェオレ エスプレッソ
おまけに
  ホットケーキ解体新書 
と、好きなコトバが並んだ見出しの『dancyu』という雑誌を見つけた。

そして、一番好きな喫茶店『珈琲美美』も取り上げてあり、
迷わず買って帰った。

このブログの中で前にも書いたが、
そのお店のご主人がコーヒーを淹れるときの手の動きは、
見ていてどきどきする、と。
掲載の写真の中には、その時のネルドリップを持つ手の写真のカットもある。

“手”で思い出すのは----
画家の原田泰治さんに、本にサインをいただいた時、
手の平が分厚く、とても温かい手だった。

それから、
前髪を長く下ろしてできるだけ顔を出したくないと頑なな女の子で、
彼女の手をみると、きれいな指で丁寧に手入れされていた。
その手のきれいさは彼女自身も認めているようで
手には自信があるんだ、といった感じだった。

人の手の表情は、単にきれいだとか、たくましいとか
そういった形容だけではなく、とても"表情"を持っている。

好みの"手"というよりも、
人の"手"が、頼もしく、繊細に動いている様子を見るのが好きなんだと思う。


今日の写真は、『喫茶美美』--
今度はモカを飲んでみようかな。
[PR]
by cafevoyage | 2013-01-08 23:51 | Comments(0)

b0028845_061412.jpg

年明けの初々しい新年の空気を感じる間もなく、
一つの仕事の現場は、ドタバタモード。
その仕事から帰ると、頭の中がややハイテンションになっている時と
全身がぐったりとなる時がある。
今日は、前者。思うことは多々あるが----でストップと。

先日、器の写真を撮ろうと
棚からいろいろおろしていたら、とっても嬉しい見つけ物。
捨ててしまったと思い込んでいた、好きだった"髪飾り"。
髪を伸ばすことは、もうないだろうけど・・・
と思いつつ、なかなか捨てることができずにいた迷いの結果、
大事にしまっていたみたい。

好きだった物との再会?はとっても嬉しかった。


今朝は七草粥をいただく。私にとっての新年の幕開けは、この七草粥かも。
そして、夜。
新しい年明けの7日間を思い返しているところ。

まずは、ラジオ体操は一週間・・・・・・続いています。

*写真:鷺島天翔作の煎茶の急須
[PR]
by cafevoyage | 2013-01-07 23:12 | Comments(0)

b0028845_1548387.jpg

暮れの12月。通勤のバスの中から見える朝陽が、まばゆくきれいなオレンジ色をしていた。

居間に掛けた今年のカレンダーの1月の写真も、見事なオレンジ色の初日の出。

"色"は、人の気持ちを動かす大きな力がある。
扱う商品に色が数色あり、「何色が人気がありますか?」と尋ねられることがある。きっと、たずねた方の気持ちには、好みの色があるんじゃないかな、と思うのだが、できるだけどの色も選択をしやすいように、提案をするようにしている。

12月30日、マーガレットの白い花を花屋さんで探したが見つからずバラに。
これまで新しい年を迎えるときには、白い花にしていたが、白いバラが寂しく感じたので、今年は淡いオレンジの「オークランド」という花を選んだ。

想い、喜び、悲しみ、始まり、変わり・・・・・
いろいろなことは、いつもの毎日の日々の中であること。「ここが、自分の人生の大事なポイントだった」というのは、後で振り返った時に思うこと。もしかしたら、この一年が一つの区切りになるかもしれないし、それはわからないこと。
ただいつもより、この一年をあせらずに、大切に過ごしたいと、思っているかもしれない。


また明日から、一つの仕事がはじまります。
[PR]
by cafevoyage | 2013-01-03 13:40 | Comments(0)

b0028845_0185139.jpg

年が明け、近くの氏神様へ初詣。
元日は、私が生まれてお宮参りの神社へ。
そして、今日の氏神様の次に三社目は、前の仕事の頃からお参りをさせてもらっている神社に。
氏神様も、この後にお参りをした神社も、いつもは誰も居ず、このお正月の時だけ神社の方がいて、灯りがついている。
こうやって、今年の始まりもお参りできたことに感謝。

今日と明日は久しぶりの2連休。
暮れの12月は、ともかく師走の名前通りに駆け足で過ぎて行った。
その余波が、ちょっと身体の節々に・・?

1年ぶりにラジオ体操をやってみると、身体の固いこと。調子に乗っていたつけか、久しぶりに腰が痛み出した年の始まり。
今夜のテレビで放送された、襲名披露公演の市川猿之助が演じる狐の姿の身軽さにうらやましく思いつつ、少しずつ、ラジオ体操を日課にしてみようと。

小学生の頃の夏休みの理想的な規則正しい生活は、思い返せば、健康でいるための基本だったんだろう---と、今頃痛感。
ラジオ体操、きちんと眠る、おいしいく食事をいただく-----
これからの365日の中で、どれだけ「○」がつけられるかどうか、自分の一年後の楽しみ。

子どもの頃のように、ラジオ体操をしに行ったらハンコを押してもらう代わりに、カレンダーに×をつけていこうかな。
[PR]
by cafevoyage | 2013-01-02 23:27 | Comments(0)

b0028845_0331796.jpg

楽器が奏でる音色----Cavatinaはそのイタリア語の古語とか。
ラジオから村治佳織がギターで演奏する音は、映画「ディアハンター」のサントラで聴いた音とは違っていたが、新年早々好きな曲をタイミング聴けたことはうれしい。

昨年の朝の通勤途上でのこと。
海の横を走る都市高速と並んで、かもめが一生懸命羽ばたき海を渡っていた。
いつもは見上げる姿でしか見たことがない、鳥が飛んでいる様子を同じ高さで並んで見ると少し衝撃だった。
羽ばたかないと、海に落ちてしまう。
水鳥なので、海に浮かぶことはできるが、羽ばたかないと次の陸へは渡れない。

ドアの軋みに、ハッとしたりするように、人もどこかで軋みの音をだしたり、
周りを酔わせるような旋律を奏でながら(・・その人の存在自体が・・)毎日を生きているのだと思う。
そして、ただ、ふんわりと風の流れに浮かんでいるようで、吹き飛ばされてしまわないように、ある場所にしがみついたりしながら。

新しい一年の始まり。
出勤をし、元日の街の様子を窓から見ながら、これからの一年後の姿を考えていた。
"未来のことを思い煩うな"---
海を渡り切ろうとするカモメの飛ぶ姿を思い出したら、そんな言葉が浮かんできた。
[PR]
by cafevoyage | 2013-01-01 23:52 | Comments(0)