<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

b0028845_22255194.jpg

バス停でバスの行き先番号を確認せずに乗ってしまい、朝から乗り間違い。(バスの路線がわずかだから、ついついいつものバスと思いがち)
間違えても職場へは着けるので、問題はないのです。
でも間違えたおかげで、ほとんど夜にしか通らないお濠横を通ったので、気持ちはラッキーだ、と。

桜の季節とは違う、冬のお濠端は春の頃よりなぜかほっとします。
1時間早かったら、バスを降りて少し歩いていたかも。

水面を埋めていた蓮の緑色の葉も、今は枯れた姿で風に漂っているのも好きな景色。
そして、もう少しすると、渡り鳥の群れが。

自然界のことだけに、毎年同じになるとは限らないけれど、「この冬も・・」「来年も・・」同じ景色を見せて欲しいと願ってしまいます。
[PR]
by cafevoyage | 2010-11-30 23:01 | Comments(0)

b0028845_137069.jpg今日は疲れていても、なぜか“ほっ”とした感じの夜。
なぜかというと、明日から仕事を一つに絞れるから。
といっても、今週だけ。

あっという間に、この一週間は過ぎて行くんだろうな。
かといって、のんびりできる時ではないので、その気合い入れ?のために、朝のカフェ・ラ・テ。
朝ご飯を食べてなかったら、+クロワッサンといきたいところ。

パリのホテルでの朝食で美味しかったのが、カフェオレにクロワッサン。
まだ試したことがない、朝のパリのカフェをいつか ぜひ。
[PR]
by cafevoyage | 2010-11-29 23:25 | Comments(0)

b0028845_1939119.jpg

たまに、無性にトーストにマーマレードをたっぷり塗って食べたい時があります。
最近はにがみをちょっと感じるものになかなか出会えずがっくりしているところ。

そしてマーマレードの瓶を見ながら思い出すのは、『くまのパディントン』。
そして、岩波のパディントン・シリーズを貸してくれた友人のこと。
[PR]
by cafevoyage | 2010-11-28 23:54 | Comments(0)

b0028845_18482947.jpg

目が覚めた時よりも一日の始まりを感じる瞬間は、通勤のバスを待つ時間かも。
「さぁ、今日もこれから始まる」という感覚。

嫌なことも、くたびれることもあるかもしれないけれど、それとは逆に、「うわっー!!」と嬉しいことがあることも。

そう考えると、ただ時間を経過させるだけではなく、今日はどんな日になるのかな?--と思う方が楽しいもの。『事実は小説よりも奇なり』--。想像を遥かに越えるのが現実。

仕事に追われている頃、「あれも」「これも」--「あ~ぁ、あと××時間あったらいいのに」と何度思ったことか。でも、1日は24時間と定まっているから助かっているのか。
なんにしろ、自分の身体は一つ。“こころ”は大きさが見えないけれど、でもそんなにたくさんのことを飲みこめる程のサイズはないと思えます。

どうぞ来週もこのバス停に元気に立てますように・・!!
[PR]
by cafevoyage | 2010-11-27 19:04 | Comments(0)

薄暮 ・・・ 26 novembre 2010

b0028845_1405140.jpg

クリスマスを彩る光の形は、闇が濃くなるとより美しく見えます。
夕闇から深い夜の中へと移っていく時間。今日はそんな中での白い光です。
空の色は、変わっていく時間を静かに受け入れている様---

この写真を説明する言葉が、今はまだ思いつかないのは残念!
[PR]
by cafevoyage | 2010-11-26 23:19 | Comments(0)

b0028845_1384979.jpg

今年の春だったか東京のサントリー美術館での展覧会の作品の中に、この写真と同じ様な青いガラスの作品が紹介されたことがありました。その作品見たさに東京へ行こうかと思ったのですが、実現できず。ホームページを検索すると、美術館所有の作品のよう。いつかは、と考えています。

商業ビルの1階の画廊。洋服や文房具類等の店舗スペースの一角にある画廊の飾られた作品は、唯一無二の本物もののみが持つ不思議な力を与えてくれます。
[PR]
by cafevoyage | 2010-11-25 23:44 | Comments(0)

b0028845_0384063.jpg

デジタルカメラで写真を撮ると、パソコンで映像の処理をするときに、被写体そのものの色に自分の趣向を加えることができるのは面白いものです。が、逆にそういうことが寂しいことかもしれません。でもこうやってブログ等が普及したのも、デジタル化に依るところは大きいし・・とetc.
******************
カラー写真が当たり前の中で、時々モノクロームが懐かしくなってくることがあります。
写真の色は、シャッターを押した人の記憶の中。
とすると、モノクロームの中には、創造という種が存在するのかな---
[PR]
by cafevoyage | 2010-11-24 23:43 | Comments(0)

b0028845_01447100.jpg平日のNHK教育テレビ(月~木)23時55分から5分間放送されている番組があります。たった5分の番組なのに、なかなかいろんなものが“ぎゅっ”と詰まっていて、私のこの春からのお気に入りです。
番組の中で「DREAM FACTORY」というアニメーションが流れます。規則正しく作業を繰り返す、工場のシーンです。
気持ちの良い眠りを作りだしているかのようです。

『DREAM FACTORY』---「うん、なんかこの“単語”好きだな」

心地良い夢を作りだすには、良い材料が必要です。
翌日の朝、目覚めた時に怖い夢だったとか、悲しい夢もいやですが、「せつなくなる」のも ちょっと つらいかな。
[PR]
by cafevoyage | 2010-11-23 20:26 | Comments(0)

b0028845_1425123.jpg

今年はいつになったら銀杏の葉っぱが黄色になるんだろう--
と思っていたら、ほんの1週間の間に、色づいてきました。

これまで色が移り変わっていく様を気に掛けていなかったのか、今年は、刻々と変わっていく気配が気になります。

今年の夏はとても暑くて、いつもより寒さが遅くやってきたせいか、この季節が愛おしく思えます。落ち葉一枚一枚の形にも・・。

『葉っぱのフレディ』『最後の一葉』そして、『クリスマスツリー』--この季節はアメリカの作品が似合うのかなぁ。
[PR]
by cafevoyage | 2010-11-22 23:41 | Comments(0)

b0028845_23321240.jpg

とうとう、movaの携帯が壊れつつあり、仕事帰りにドタバタとドコモショップへ。
この携帯が発売されたころから、デザインや大きさが気に入り、長年好きで使っていたものだけに、「あ~ぁ」と残念。

それでもって、FOMAデビューとなりました。
今度は同じストレートタイプでも、長さが倍近くあるもの。やっと、“写メ”も初挑戦!! 

「新しいおもちゃ」を買ってもらった子どものように、一々感動しながら、新しい携帯の機能をチェック中です。

写真で見るとあちこちに傷がついています。頑張ってくれたSONY-movaの勇姿!?を。
[PR]
by cafevoyage | 2010-11-21 23:35 | Comments(0)