2008年12月31日

b0028845_13262559.jpg

「せめて 花を」---
と、今日の仕事を終え花屋さんへ。
お正月に部屋に花を飾るときには、いつも白いバラか、マーガレットを選ぶ事が多かったのですが、今日は淡いオレンジの色のバラがいいなぁとおもっていたところ、ちょうど『クリアサン』というバラがありました。柔らかい色合いで大きな花がほんわりとさせます。

今年を振り返ると・・・・・
元旦から何かと動くことが多く、時間があるのに、どこかしら落ち着かず、所在無げに右往左往している様な状態でした。
それから、以前やっていた仕事に関連することを、秋から何回かやってみて感じたのは、
『だれかのため・〇〇のため』---といった事が、実は自分のためで、自分を支えてくれていたんだということに気がついたことです。以前は夜遅く帰っても、机についてパソコンに向かったりできたのはその力の成せる業ですね。-----今は、情けないことにぐったりです。

そして、ブログの更新ができなかったのは、身体のくたびれよりも、『感じる』アンテナが錆びて『伝えたい』という気持ちが萎えてしまったのと、“きょろきょろ感?!”が限りなく減少したため。

でも、新しい二つの仕事--それも異なる内容を同時進行でなんとかやってこれたのは、
働く場があり、声が出て、おまけに声を活かした仕事ができることetc.に
『ありがたいなぁ』---と思える毎日であったから。

******************************************************************

来年は、ブログの更新もできるような、そんな毎日にしたいと思います。
あまり更新が出来ていないのに、ごらんいただき、ありがとうございました063.gif
[PR]
by cafevoyage | 2008-12-31 22:59 | Comments(0)

b0028845_22251911.jpg図書館でミス・リードの本を見つけたのは何年前になるでしょうか。その時に初めて手に取り読んだ本がこの『村のクリスマス物語』です。

この半年以上遠のいていた図書館へ久し振りに行きました。仕事で図書館の近くに行くことだし、この季節らしくクリスマスの写真の本を読みたいと思って。

クリスマスにクリスマスがテーマの本を読む----というのは何年か続けていたことですが、ここ最近は、“いつの間にかクリスマスが終わってしまった---”といった感じでした。

何かを始めること。何かと再会すること。
自分が好きなことをするんだから、とっても簡単なことのようで、一旦間があくと、戻る“弾み・きっかけ” を失ったようになってしまいます。
それが大きなことではなく、自分の中で、ふんわりと大切にしているようなものほど、離れてしまうと戻るまでに時間がかかるのかもしれません。

そういえば、ことしはアドヴェント・カレンダーも用意しそびれていました。

クリスマスに一冊の本・・学校の図書館にも、こんな本棚があると、冬休みに本を借りて帰る子どもたちの数も増えるかもしれませんよ。

*******************************************************
久し振りに図書館から帰るとき、借りた本で鞄がずっしると重くなって・・・でも、その日は妙にこの重みが、わくわくと嬉しい気分にさせてくれました。
[PR]
by cafevoyage | 2008-12-25 23:53 | Comments(0)

b0028845_23501039.jpg

---12月最初の投稿がクリスマスイブとなってしまいました。

今年はアドヴェントカレンダーを飾るどころか、クリスマスの設えは送っていただいたオーナメントになるマスコットだけ。で、イルミネーションも見に行こうとすらしていなかった毎日でした。

数日前にやっといつもの公園に見に行き、シャッターを押してきたところです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

でも、今日はそんなこの頃を補うかのように、仕事で外へ出たときにパチリ!、移動中にイルミネーションの場所を通るようにして、また、パチリ!!と楽しんでおりましたが、ここで異空間へ移動しすぎたのか、次の仕事の開始時間を勘違いしてしまい、“遅刻”をしてしまっていたのでした!!---いたのでした--というのは、遅れていることすら気づいていなくて・・・・そのことを指摘された瞬間も『?!』その事が飲み込めていない有り様。家に居る今も、「あれは一体なんだったんだ」--とぽかんとした感覚です。

ともあれ---ひさびさのブログ更新もできて、“ほっ”としているところで、童話の挿絵の様なイルミネーションを一枚、どうぞ!!
b0028845_0125924.jpg

[PR]
by cafevoyage | 2008-12-24 23:50 | Comments(0)