b0028845_7291495.jpg1年前・・・ 3年前・・・ 10年前・・・
人が過去を振り返る時間があります。

“うん!?” “12年前--また、その12年前も---”
といくつか重なることがありました。

私のサイクルは 「12年」 なのかな--。



同じことが繰り返されて、ようやく気がつくことがあることを実感しています。
勉強をせずに受けたテストの結果が、結構良かったりするのは、やっぱりマレです。
時間を要する内容は、それに相応しい準備のもとでしか、良い結果は生まれませんものね。

自分ひとりの抗いだけでは回避できないものも多々あります。

自分ひとりの“なんとか”でできるものは 多少抗ったり、やれることをやっていく。
時間の波と見えない何かに一方的に押し流されたくはありません----



*写真:スプレーマム(きく)
[PR]
by cafevoyage | 2007-03-31 23:43 | Comments(0)

b0028845_22432495.jpg

憧れた場所にいること・・・・
思い描いたもの全てと同じシチュエーションで たとえなかったとしても
それは それは 夢心地の中に いるかのよう・・・

憧れた場所は---
こんなものだったのかな?---
もしかしたら 手に入ってしまうと 思うのかもしれない

でも 今夜眠りにつく前に---
ふつふつと 興奮が目を覚ますのかもしれない

一人になったとき
思い出す貴重な時間があるはず---

もっと もっと かっこいい自分をだしたかった---
なんて 照れて笑いながら

そんな 微かに続く余韻が
まだ 見えない自分を作り出していることに
気がつく日がくるかもしれない
[PR]
by cafevoyage | 2007-03-12 22:43 | Art & Space** | Comments(0)

b0028845_23401131.jpg小さな頃 動物園に行くことは一大イベントだった覚えがあります。
幼稚園、小学生---遠足で何回となく通った場所です。

戦争の状況が悪化し、動物園で子どもたちのアイドルだった“ぞう”を飼育できなくなったときの話を小学生の頃に聞きました。その内容を思い出すと涙腺がゆるくなっている自分になっていたりします。

パステルでスケッチしていた頃の動物園が、今は胸が少しせつなくなるような---そんな場所になったようです。
隣接する植物園で過ごすことが多くなったのは、そんな気持ちからかもしれないですね。
[PR]
by cafevoyage | 2007-03-11 23:12 | Comments(2)

b0028845_23385448.jpg

映画づいた今週2本目は、先日のアカデミー助演女優賞も受賞した『ドリームガールズ』。
歌で綴られたストーリーに、足はリズムを取りつつ、素敵なショウタイムを楽しんでいました。

1月に観たウィル・スミス父子共演の『幸せのちから』、
そしてデンゼル・ワシントンの『デジャヴ』。
小学校のときに繰り返し読んだストウ夫人の『アンクル・トムの小屋』の読後感に共通する、揺るぎない強さ---片仮名のパワフルという言葉に置き換えるものではないもの--が残ります。

家で見る映画は自分ペースでそれはそれでいいんですが、
“映画は映画館で”---観たいですね。
[PR]
by cafevoyage | 2007-03-07 00:00 | 映画** | Comments(0)

b0028845_23381198.jpgデンゼル・ワシントンが出ている映画を意識して見るようになったのは、映画館で『ボーンコレクター』を、その後続けて『ハリケーン』や『遠い夜明け』をテレビで観てから。

今日の『デジャヴ』---は試写会で。

起こってしまった過去に遡って、過去を修正することなんてありえないこと。
だけど、もしかしたら、現実の中にはもしかしたら、そうやって誰かが修正したものが含まれているのかもしれない---そんな錯覚を覚える様な、少し怖さみたいなものを感じたんです。

ストーリーは、話してしまうと興醒めしてしまいますから---
是非、映画館で。

今週末3月17日~上映です。(☆特別に16日に上映される場所もあるようです)
[PR]
by cafevoyage | 2007-03-05 23:12 | Comments(0)

b0028845_18211381.jpg冬の寒さの中でも無性にのどが渇き、冷たいものを飲みたくなるときがあるが、アイスコーヒーを選ぶことはまれ。
2月なのに---その日は座った席にそそぐ陽射しは強かった。
食後のアイスコーヒーのグラスを見ていたら、一足飛びに季節が飛んでいってしまったような錯覚を覚える。
今年初めて感じた、影だった。

ひとつ終わり、悶悶とした何かがあり・・・遅い昼食を摂りながらのあまりにもゆったりした時間に、ゆったりとした時間の経過を味わいつつ--その逆の感覚が走る。


ふーっ・・・。
思わず深く息を吐いたような時間の日だった。
[PR]
by cafevoyage | 2007-03-04 18:21 | Comments(0)

b0028845_2314481.jpg
3月2日、ホテルのラウンジでカプチーノを。
ひとつの区切りの朝、ささやかな自分の決めごとです。
「おかげさまで」---「どうにか」----窓の外を見ながら、気持ちの中で手を合わせます。

もう二度と会えないかもしれない人たちへ・・・・
逃げない、はればれと立ち向かう、
それがぼくのモットーだ。
      ~岡本太郎~

[PR]
by cafevoyage | 2007-03-03 22:51 | Comments(0)