b0028845_2148336.jpgb0028845_21482388.jpgb0028845_21481225.jpg











今日は久し振りに夕陽を見ながら帰宅しました。
カメラを持っていなかったのが残念ですが---秋の熟れたような夕陽ではなかったですが---ずーっと眺めていたい まあるい姿でした。

ブログを続けてきて、2年半。
この春は、投稿の数が表しているかのように、慌しく駆けて行ったようです。

そして、忘れていたことを思い出しました。

それは、このブログを始めた時の『想い』--------を。

今日の空の写真は、4月のとてもいいお天気の日。
仕事の移動でバスを待つ間に、「わぁー久し振りの空だぁ」と--見上げたときに。
[PR]
by cafevoyage | 2006-05-29 21:58 | すきなもの** | Comments(2)

図書館の4月のテーマ「ボランティア」から2冊。
そして3冊目は、新刊到着の中から選んで読んでみた本です。


b0028845_21435739.jpg 『負けてたまるか車椅子』八代英太 著
日本図書センター 刊

国会議事堂へ、初めて車椅子で議員席に着いた著者が綴った1冊。この本を読んで一つショックだったこと--それは、トイレを使うこともままならず、身体をコントロールさせなければならないこと。目に見える道のでこぼこだけではないところに、段差があるという事実でしょうか。




b0028845_21564795.jpg 『ユニバーサルデザイン』井上滋樹 著
岩波書店 刊

だれにでも使いやすくデザインされたもの--これが、ユニバーサルデザインです。
どんなものがデザイン化されると、うれしいですか?助かりますか?“人にやさしい”ということって・・・?





b0028845_21572137.jpg『メイク ア ウイッシュの大野さん』大野寿子
メディアファクトリー 刊

「警察官になりたい!」--重い病気にかかった一人の男の子の夢。成人に達して実現することが不可能なその夢を知った人たちが、その夢を叶えてあげ、“一日警察官”に任命します。そのことがきっかけで、アメリカで作られた会が「メイク ア ウイッシュ」です。
この本は、日本の東京事務局長をされている女性が、この会との出会いからこれまで、そして、重度の病気に冒されている日本の子どもたちの願う夢を実現できるまでのストーリーが綴られています。

『X-JAPAN』のHIDEとある病気の女の子の出会いで、この会のことをご存知の方もいらっしゃるかもしれないですね。

是非、一度、この会のホームページをたずねてみていただけるとうれしいです。(↓をクリックしてみてください)
『メイク・ア・ウイッシュ オブ ジャパン』


[PR]
by cafevoyage | 2006-05-04 21:35 | 本** | Comments(1)