今月16日に一般公開された、『九州国立博物館』へ行ってきました。
その前に、太宰府天満宮へお参りに。

b0028845_23375661.jpgb0028845_23382515.jpgb0028845_23384910.jpgb0028845_2339472.jpg







手を清め、本殿の前で“パチパチ”と、そしてお守りと絵馬を求め、おみくじを引きました。
迫ってきたパリ&ベルギー行きの無事と、新しいことが始まろうとする人たちへのエールを
絵馬に託し、おみくじの言葉に“ほっ”と。

天満宮の境内には、近くの“かまど神社”の縁結びのお守りもありました。
修学旅行中の男子高校生が巫女さんに「どれが一番利きますか?」と聞くと「どれも同じように--」とのお答え。思わず頬がほころびました。

秋にお参りをするのは、初めてだな---と思っていたら、
b0028845_23554487.jpgb0028845_23555782.jpg忘れていました!!
この女の子たちと同じように『七五三』の時、晴れ着を着て両親とお参りに来たことを。
あの時のことは写真でしか覚えていませんが、着物が嫌だったことは覚えています。
今にして思えば、あの時に結んでもらった帯はなかなかいいもので、子どもながらにちょっと得意に思っていた覚えがあります。

あの頃も、今日と同じように“金木犀”が香っていたのかな・・・・
[PR]
by cafevoyage | 2005-10-31 00:02 | Art & Space** | Comments(4)

b0028845_224466.jpg

“文化祭”なるものは---模擬店でも出し物でも、見ている側よりもやっている本人たちの方がずっと楽しいものです。

今年も“おでんや”を営み、ステージでは、ダンス?!をご披露した担当クラスのメンバーたち。
きっと今頃は、ワイワイと盛り上がっている頃でしょう。

b0028845_22105644.jpg私も学生の頃、クラブの模擬店で“おでん&焼きそば”を作りました。
そろいのエプロンをつけて、先輩より伝授されたソースで味をつけ------
アルバムをめくらなくても“ふわぁ”っと、懐かしさに浸ることができる・・・・楽しい経験&思い出です。
[PR]
by cafevoyage | 2005-10-28 22:14 | 季節のしたく** | Comments(6)

b0028845_2326198.jpg

どうしても、だれかにこのことを伝えたくて--という時&ことがありませんか?

15年以上も前---角松敏生がFMの全国ネットで日曜の朝、DJをしていたときのことです。
ある日、その番組へ手紙を書いたことがありました。

とってもうれしいことに、番組で読まれたんです!!
それも“同じ手紙”を2回も!!----残念なことに最初に読まれたときは聴いていなかったんですが、2回目のときは録音をしながら聴いていたので2回読まれたことがわかったんです。

その時に書いた手紙の便箋と封筒の水色・・・
そして、黒のボールペンの少しかすれた感じの色・・・今でもよく覚えています。

誰かに話すときは、前後の説明--って必要なことが多いですよね。
でも、端的にその部分だけを伝えたい---その手紙がまさにそれだったんです。

だから、角松敏生という好きなミュージシャンに読んでもらったこと以上に、その手紙を取り上げてくださったことがとってもうれしくって。気持ちが萎えそうなとき、そのラジオ番組を録音したテープを何回も繰り返し聴いていたことがありました。


角松の番組に書いた手紙の内容は・・・・ある女性との出会いのことです。
このことを思い出すとき---
その人との出会いを大切にできなかったことを後悔し・・・
今出会っている人、これから出会う人との時間を大切にしていきたいと・・・

★写真は、10月26日に発売された角松敏生のCD『THE PAST & THEN』---です★
[PR]
by cafevoyage | 2005-10-27 23:28 | 人** | Comments(0)

b0028845_2347355.jpg

仕事帰りのバス亭から家までの道を、肩をすぼめて歩く季節(寒さは苦手^^!)が来ました。寒がりなくせに、冬のパリへ行こうとする---どうしよう---

でも、これがまたいいんですよ。寒くなったら、カフェに入ればいいんだし?! ショコラを飲みながら、セーヌ河の遊覧船--なかなかいいんですよね。

ところで、写真は2年前のルーブル美術館はガラスのピラミッドを出たところにある、「カルーゼル門」。今度パリへ行って確かめたいことは、この門の先に「凱旋門」が見えるかどうか--ということ。

シャンゼリゼ通り・・・エッフェル塔・・・寒いけど、やっぱり楽しみです。
[PR]
by cafevoyage | 2005-10-23 23:55 | 旅** | Comments(8)

モニターレビュー

楽しみにしていた、チョコの小包がクール宅急便で^^届きました。

b0028845_8544680.jpg1)ワインは・・・見た目はストロベリーチョコ。食べると、“ワイン”という自分のイメージから、甘みがあまり強くはないかなと思っていたのですが、ちょっと私には甘かったかなぁ。後に残る、ほわぁっとしたワインが素敵でした。


2)ノアールは・・・これは、好きです!!ちょっとビターの味が、生地のサクサク感とぴったり。オリジナルのキットカットも含めて、私は一番好きです。

一口サイズのチョコは、職場でも「ちょっとくたびれたなぁ」というときに引き出しからすっと出して--というのにぴったり。今回も職場で配り、みんなにもコメントを求めてみたところ、“ノアール”の方が人気があったようです。でも、くたびれ具合が増すと、“ワイン”がいいでしょうか。

今店頭で売られている、この『ノアール&ワイン』のキットカットを見ると、「あ、これだこれだ!!。」と妙に売れ行きが気になっています。
[PR]
by cafevoyage | 2005-10-22 08:45 | すきなもの** | Comments(0)

そのむか~しの歌謡曲に「三つのお願い」?という歌があったと思うのですが、どうでしたっけ?
・・・・・・・・
いつも行くパン屋さんが2軒あるのですが、一つは、前にもブログで紹介をしたフランスパンのお店。そして、今日紹介するお店は、学生時代を過ごした街にあったお店の支店です。あの頃は、他のお店に比べてお値段も良くて、買うのに勇気が?!いりました。

ここでは、定番のパンのほかに、季節の食材を取り入れたものが並ぶときがあります。
今だと“秋”という季節に合わせて、“りんご”や“サツマイモ”、“マロン”など。

今日はその中に、“クルミ”が入ったものがありました。そのパンの由来のストーリーに魅かれ、明日の朝のために一つ買いました。

b0028845_901364.jpgパンの名前は『3つの希望』・・・・
私の希望を3つ叶えてもらえるとしたら-----
  ・ ○○○の○○
  ・ ○○○との○○○
  ・ ○○と○を○○○○○○○○○
     ------・・・あっ、それから・・・・・
     3つじゃおさまりそうにないです。 困った!!
[PR]
by cafevoyage | 2005-10-20 23:24 | Comments(0)

満月です~

図書館 帰りの コーヒー・タイム
椅子に座ると 真ん前に ま~るい まんまる お月さま。
いつもは 誰かが座っている 気持ちがいい 椅子も空いていたし
好きな笑顔も 見れたし
明日から また 気持ちを 『ぴん!!』と やってみよう………………っと。

久しぶりの 携帯投稿 です。

b0028845_944488.jpg*私の携帯は、カメラつきではないので、写真はデジカメで。
上の方で、光を放っているのが“おつきさま”です。--バス停で*

[PR]
by cafevoyage | 2005-10-18 19:24 | Comments(0)

b0028845_2229476.jpg「ソフトバンクホークス」--先ほどプレーオフのロッテとの試合が終わり、今年も昨年に続き、プレーオフでパ・リーグ優勝ができませんでした。

久し振りに、テレビで野球中継を見ながら、「ここ一番!!」で、踏ん張らなくてはいけないピッチャーの投げる一球一球に、「この精神力」「ここぞという粘り」をひしひしと感じます。

一番、私が欲しいものかも----
[PR]
by cafevoyage | 2005-10-17 22:35 | Comments(2)

b0028845_21272679.jpg
これは去年の冬のこと--帽子をとっても雰囲気よくかぶってある紳士を見かけた時のものです。
最近、ご自分の好きなおしゃれをされている方が、midle-ageといわれる世代の男性を街の中で見かけます。この世代をターゲットとした雑誌も出ているし---会社帰りの「鞄」の中には、パソコンのデータと一緒に、そんな1冊が入っているのかも。
[PR]
by cafevoyage | 2005-10-15 21:28 | Comments(7)

b0028845_8283963.jpg


この天使を見ていて、本のシーンを思い出しました。

学生の頃に読んだ遠藤周作の作品の中で、長崎の教会のマリア様が涙を流しているようなシチュエーションがあったような覚えが---
(--この写真の天使には水が流れるような仕組みになっています--)
「天使」といえば、茶目っ気があって元気でかわいい、という形容詞が付きますよね。でも、その「天使」が涙を流すのは、どんなときかなぁ--。

本屋さんでヨーロッパのいろいろな教会の天使像を訪ね歩いている本がありました。
今度、読んでみたいと思います。
[PR]
by cafevoyage | 2005-10-10 08:30 | Comments(0)