2017年 04月 11日 ( 1 )

旅の後

b0028845_05193963.jpg


雑誌「クロワッサン」で京都・奈良の特集。
表紙には、帝釈天の仏像。
3月に東寺へ行ったときに帝釈天の仏像を見て、
「えー、こんなカッコいいお顔の仏像があったんだ」と思った。
これまでは、弥勒菩薩像(←まだ本の中でしかお目にかかったことはないが)が
一番きれいだと思っていた。
今に通じる帝釈天像の姿は、仏像という感じがしなかった。

旅行のあとに、雑誌の中で、
泊まったホテルや出会ったお店が紹介されていると、
「うん、うん」とか「あーそうだった」とうれしくなってきた。
クロワッサンの前の号で写仏ができるものが付録だった。
サインペンでもいいとあったので、
どのペンがいいかなと考えながら楽しみにしているところ。

3月の奈良・京都の旅行は、一人で出かけたので
タイムリーに発行された雑誌に相槌をもとめるような、そんな感じかな。

今日から始まった新年度の仕事の一つで
帽子を被っている理由を話さなくてはいけなかった。
そのことが意外と緊張したのと
3時間半ぐらい、ほとんど立ちっぱなしで声を出し続けたのが
ちょっと こたえた。

新しい始まりにはパワーがいる。
でも、続けていくのはもっとパワーは必要。









[PR]
by cafevoyage | 2017-04-11 23:37 | Comments(0)