舞台『抜け穴の会議室 』 ・・・ 1er decembre 2007

b0028845_1938235.jpg今日、Team申 『抜け穴の会議室』 を観てきました。佐々木蔵之介×仲村トオル--二人による舞台です。(--二人芝居はずっと前に劇団四季の日下武の舞台以来--)ラッキーにも、端の方だったけど、前から二列目の席で、始まる前からちょっと緊張!!

ストーリーは、これから観る方がいると思うので、感想を。「よくこんな話が書けるなぁ」と作・演出の前川知大に興味が湧いてきたということ。仲村トオルの、ある種恐さを感じる演技。
そして、一番楽しみにしていた--生?!の舞台の蔵之介さん。
「やっぱり、舞台がいいなぁ」と。仲村トオルと逆の存在感--というのでしょうか。静かで飄々として、ドキドキわくわくさせるものが時間の経過とともに増してくるようでした。

印象に残ったのは、病院でのシーンで、舞台右上で雨がざぁざぁと降っているところ。
そして、声を上げて笑ったりしていたのに、最後は、妙に悲しかったこと。
気づかないうちに、舞台を観ている視線から、話の中に引きずり込まれてしまったのかも。

しずかーに、ひたひたと気持ちが振れてくる時間---観れて良かった^^
[PR]
by cafevoyage | 2007-12-01 23:53 | すきなもの** | Comments(0)